トップページ>歯科技工士のしごと

歯科技工士の仕事

歯科技工士とは

みなさんは歯科技工士という職業をご存知でしょうか。聞き慣れない方も多いと思いますが、わたしたち『歯科技工士』は歯科医師の指示のもと、入れ歯や、さし歯、矯正装置の製作、修理などを行っている医療技術者です。
患者さんに直接触れる機会はあまりありませんが、歯科補綴に関するほとんど全ての歯科技工物は歯科技工士の手によって作られています。
また、近年の医療技術の発達に伴い、非常に高度な技工技術と、深い知識、審美感覚などが求められている仕事です。

歯科技工士の資格は、厚生労働大臣免許の国家資格であり、業務独占資格でもあるので、歯科医師、歯科技工士以外が歯科技工業務を行うことは法律で禁止されています。

技工経験を積み、その技術を磨けば、やがては独立開業し自分の会社が持てる数少ない医療系の資格です。


歯科技工士になるには

歯科技工士を養成するための学校があり、高校卒業以上の者を入学資格としています。

修業年限は2年制(昼間)と3年制(夜間等)ならびに4年制(大学)がありますが、そのほとんどは2年制の専門学校です。

 

福岡県内にある歯科技工士養成学校
九州歯科技工専門学校
博多メディカル専門学校